お昼ごはんと喫茶と雑貨  萌木星
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 12月の営業日 | main | バイバイバザー >>
大切なお知らせ


大切なお知らせです。


萌木星を今年一杯で閉店する事となりました

6年間、本当にありがとうございました



いつかお店をするのが夢で、

色んなお店で働いたり色んなお店に食べに行ったけど

やっぱり自分が一番好きなのは、

子どもの頃から母が作ってくれたような

何でもない家庭の味でした。

あたり前のようでいて

なかなか食べれなくなった

心にも体にもおいしいごはんを

いつかお店を開いて食べてもらえたらと思ってたら、

母も、一人暮らしの人や年輩の方にもほっとしてもらえるような

暖かいごはんが食べれるお店がしたいと言い出して

二人の夢が合わさりました。

その頃家具の職人だった夫や友人達が

お店の改装を手伝ってくれ

目標だった28歳でお店を開く事が出来ました。





その時の友人達が今それぞれに素敵な活動をしています

大学の夏休み、

毎日のように工事を手伝ってくれた日尾野君は

abcde studio というアンティークショップをオープンし

看板を作ってくれた伸ちゃんはcloudという名前で

彫金作家として独立し

壁塗りを手伝ってくれた宮ちゃんは

南田辺でカタルテという

器屋さんをしています。

現場に笑顔を運んでくれたみなっちは、

優しいお母さんになり

建具を作ってくれた深キョンは

今夫と共に我が家の引っ越し先の

工事をしてくれています。

そして夫はつむぎ商會をオープンし、

小さいけれど念願の木工所も

構える事が出来ました。

夏の暑い日に、狭い我が家で素麺を食べたり

工事の打ち上げにと、みんなでお好み焼きを

食べに行った日が懐かしいです。



それぞれに生活も環境も変わり、

会う回数は少なくなったけど

みんなもがんばっているという事に

内心とても励まされました。

みんなありがとう!






お店を始めた頃は

緊張とドキドキの連続で息が止まりそうだったけど

不思議と不安はなく楽しくて、

きっと大丈夫だと思えました。

頼りない親子を心配してか

オープン当初から通って下さるお客さまもいて

本当に励まされました。

ありがとうございました



6年間の間に色んな事がありました。

出会いがあったり、別れがあったり

ひねもす春の市を開いたり

つむぎ商會がオープンしたり。

みのり市に参加させてもらったり

子どもを授かったり

素敵なスタッフにも恵まれました。



お店を始めた6年前とは

自分も母も、色んな変化があり年も重ねました。

状況が変わっても、

変わらず続けていきたいという思いと

むつかしい現実もありました。

母はこの夏初めて行った人間ドックでひっかかり

検査、入院、手術とどんどん進んで

元気な人が、あっという間に

病人になってしまいました。

お店にいると母の気配が残っていて

色んな思いがこみ上げました。

お陰様で、今は随分元気になりました。

お客様にはご心配をおかけして

申し訳ありませんでした。



母がお店に出ないようになってから

沢山の方が、母の事を気にかけて

声をかけて下さいました。

小さな体で一生懸命働いて

この場所に根ざしてがんばっていんだなと感じました。

そして、母がいてこその萌木星だったんだ

という事もしみじみ感じました。

母は今はゆっくりと過ごしていますが、

小さな夢もあり、きっと叶えてほしいと思っています。



そんな事もあり、お店の事や家族の事

今とこれからの自分の事を色々考えたのですが

5年先10年先に、この場所でお店をしている自分は

思い浮かびませんでした。

お店を閉めようかなと夫に話すと

あの場所は通過点やろとあっさり賛成され

その言葉が妙に腑に落ちて力が抜けました。

いい事言うなーと感心してると

キモい と一喝されましたが。。




萌木星が好きだと言って

4年半もの間、お店を一緒に支えてくれた

おかもっちゃんと文さんの事を思うと

申し訳ない思いも一杯ですが、

きっと二人ならこの先を長い目で見て

もっともっといい事が沢山待ち受けていると

無責任かもしれませんが確信しています。

本当に最高のスタッフだったし、

二人とも心が素晴らしい人で

人としてこちらが教わる事も沢山でした。


文さんはとても素敵な絵を描く人です

イラストのお仕事もされてますので、

ぜひご覧くださいませ

http://www.geocities.jp/ayam_art/




この場所が無くなるのは寂しいですが

きちんとお別れをして、

また新しい日々を

前向きに過ごしていこうと思っています。

お客様やお世話になった皆様には

申し訳ない気持ちですが、

ここでの出会いが何よりの宝物です。

感謝の気持ちで一杯です。



私は、きっといつかまたお店をすると思います

大好きな仕事なので。

今度はもうちょっと陽のあたる場所がいいなぁと

ぼんやり思ったり、、笑





最後までいつもの萌木星で

ゆっくり過ごして頂きたいという思いと

なるべく自分の口から

お客様にお伝えしたいという気持ちがあって

ご挨拶が遅くなりました

ごめんなさい。




12月27日(土)まで営業します。

今月は日・月・火曜日をお休みさせて頂いてます。

営業時間は11時半〜16時ラストオーダーです



年始にはバイバイバザーをしたいと思っています。

お店の閉店と自宅の引っ越しに伴い

色々大放出?の予定ですので、

ぜひ遊びにきて下さいね

日程は近いうちに・・・



最後までどうぞよろしくお願いいたします

本当に 本当に

ありがとうございます!



萌木星





木がめばえる星と書いて

ほうきぼしと読みます

木の枝から新しい芽が萌えるように

遠い空に流れるほうき星のように

新しく何かがめばえ

時に小さな感動がある

そんなお店でありたいと思います


(2008.10)






スポンサーサイト
萌木星がなくなるのはさみしいけど、またいつか素敵なお店を開いてくれると思うので それを楽しみしています。
かめだ | 2014/12/18 21:27
COMMENT









Trackback URL
http://cafehoukibosi.jugem.jp/trackback/669
TRACKBACK